LabLOG ラボログ

 ■[モデルハウス(笠松田代C棟)]の一覧


C棟もAPW430&フワフワ断熱☆

2014/09/10 モデルハウス(笠松田代C棟)

笠松町田代に建築中のモデルハウス、

着々と工事が進んでいます。

 

サッシ取付工事が完了しました。

 

今回も、YKK AP の高性能トリプルガラス樹脂窓、

「APW430」が採用されています

 

 

そして、断熱は、A棟同様、吹き付け断熱

 

 

詳しくは、こちら

 

壁も、天井も、フワフワです

 

無垢のフロア施工も始まりました

 

 

建物の外では、外壁工事が始まっています。

A棟とはまた違った外壁工事の様子、

来月初旬にはお伝えできるかな?と思います。

 

お楽しみに~

エルセのある生活

2014/09/05 モデルハウス(笠松田代A棟)モデルハウス(笠松田代C棟)

エルセ???と思われた方も多いことでしょう。

 

「エルセ」とは、内部に充填されている特殊なセラミックスを

水流によって流動・衝突させることにより、微弱な電気的エネルギーを発生させ、

水にプラスの電荷を与えることで、水が本来持っている

「浸透力・洗浄力・抗酸化力」などの力を高める水処理装置です。

浄水・ろ過ではなく、水そのものの性質を変化させ、抗酸化水を作り出します。

 詳しくは、こちら

 

よくある浄水器との大きな違いは、メンテナンスフリーであること

水道メーターの二次側に一度設置をすれば、追加費用がかかることなく、

半永久的に、家中でエルセの水が使えるんです。

また、効果の持続性が長く、建物全体の水環境改善にも役立ちます。

 

 

・水仕事・入浴  肌の弱い方におすすめの保湿効果

・洗髪  シャンプー後もしっとり、まとまりやすい髪へ

・洗濯  繊維への浸透力が増し、洗浄力がUP

・料理  おいしいお水で料理もおいしく

・給排水管  ヌメリを除去し、悪臭を軽減、汚れ・サビの付着抑制

・トイレ  便器やタンクに汚れがつきにくくなり、悪臭も軽減

などたくさんの効果、その他、ペットや植物などにもオススメです

 

そんなエルセが今回、笠松町田代のモデルハウスA棟に、

初めて採用されました

(現在建築中のモデルハウスC棟にも使われる予定です)

 

エルセのある生活で、さらに快適なここちいい家へ。

ヒノキの土台・柱

2014/09/04 モデルハウス(笠松田代C棟)

そういえば、上棟ネタでお伝え忘れたことが・・・

 

笠松町田代のモデルハウス(完成間近のA棟も)の、

土台と柱の木材には「ヒノキ」が使ってあります

 

 

独特の芳香で知られるヒノキですが、

耐久性・保存性が非常に高いので、

日本では古くから建築に用いられており、

有名どころでいうと、法隆寺や薬師寺の塔。

1400年経った今でも、その姿を変えることなく

建っていますよね。 

 

この、乾燥性が良く、また強度・耐朽性の高い優良材を

家を支える大切な部分に用いることで、

ホームラボは、そこに住まう方が安心・安全に、

末永~く過ごせるここちいい家をつくっています

土台、柱、屋根まで一気に

2014/08/31 モデルハウス(笠松田代C棟)

笠松町田代C棟の上棟の様子です。

一気に行きますよ~

 

 

今回は、一部、ドリフトピン工法を採用しました。 

 

事前にプレカット工場にて、木材の加工と金物の取付が

終わっており、現場における作業効率もUP

建物の強度を高く保つとともに、金具が木材の中に納まるので、

見た目もスッキリといったメリットがあります。

 

 

 

 

 

こちらは、屋根の通気層確保のための部材です。

 

 

中をのぞいてみると、TRCダンパーという

「制振装置」が施工されていました

ダンパーに組み込まれた特殊粘弾性ゴムが、

地震エネルギーを熱に変換して吸収する仕組みだそうです。

 

さて、作業開始から8時間、

平面の図面から原寸大の立体になる工程は、

いつ見ても、迫力ありますね~ 

 

大工さん方の段取りいい作業のおかげで、

無事に上棟完了しました

一日、おつかれさまでした。

 

来週からは、外壁工事が始まります。

今度の家は、何色の家になるのかな???

お楽しみに~♪  

基礎から始める省エネ住宅☆

2014/08/30 モデルハウス(笠松田代C棟)

笠松町田代に建築中のモデルハウス(C棟)の

基礎工事の様子です。

※型枠外し前までの工程は、A棟の過去記事もご参照下さい。

 

型枠が外れ、基礎の形が見えてきました。

 

この後、排管工事etcと進んでいくのですが、

今回は、「基礎断熱」の工事も行われました。

 

基礎のコンクリート自体を断熱材で覆うことで、

温かい床下空間を作ります。

 

 

また、自社初施工となる、

地中熱を利用した全熱交換型の換気システム

「澄家Eco」を採用しました

 

空気の流れるしくみを簡単に説明しますと… 

 

まず、屋外給気口から高性能フィルターを通って取り込まれる

クリーンな空気が、この全熱交換器で熱・湿度を交換され、

床下全体にダクトレス給気されます。

 

そして、室内給気口より住まい全体に広がっていきます。

 

各部屋の汚れた空気は、それぞれの床面排気口から、

ダクトを通って床下チャンバー一ヶ所に集められ、

屋外排気口から排出されます。

 

こうして安定した換気を確保し、室内の空気が、

常に快適に保たれるんですね。

 

PM2.5対応フィルター&室内空気清浄効果で、

健康面にも配慮された換気システムです。

 

断熱効果を高めるために、もちろん、

外気の浸入を防ぐ気密パッキンも施工済

 

 

気密・断熱性能の高い住宅で、光熱費を削減

最先端の技術で、快適なここちいいい家をご提供します 

 

さぁ、この後は、土台伏せ→上棟と、

一気に進みますよ~

C棟が上棟完了しちゃいました・・・

2014/08/29 モデルハウス(笠松田代C棟)

笠松町田代は、ここ数ヶ月間お伝えしてきたモデルハウス(A棟)と、

新たに建築着工したモデルハウス(C棟)が同時進行中

 

C棟の方は、8月上旬に基礎の型枠が組まれ、

 

現在の様子は…

 

なんと、A棟の様子をお伝えしている間に、

上棟完了しておりました

 

基礎断熱etc、たくさんお伝えしたいことがあったのに

 

というわけで、工程が前後しますが、

これからしばらく、C棟の基礎~上棟までの様子を、

振り返っていこうと思います。

お付き合いくださいませ

CATEGORY

CONTACT資料請求・お問い合わせ