LabLOG ラボログ

ベランダは、勾配断熱FRP防水

2014/06/20 モデルハウス(笠松田代A棟)

またまた、先週の話になりますが、

「ベランダ防水」のことを

 

現場監督に、工事内容について尋ねると、

「勾配断熱FRP防水」って、

何やら難しい単語が返ってきました

 

簡単に説明させていただきますと…

「FRP」とは繊維強化プラスチックの略で、このプラスチックと

ガラス繊維などの補強材と組み合わせて塗膜する工法が、

「FRP防水」です。

 

そして、FRPの下地として「勾配付断熱材」を使い、

雨水を有効に流すため勾配を取るのが、

今回採用した工法の「勾配断熱FRP防水」です。

 

手順としましては、下地合板の上に、勾配付断熱材を敷き込んだ後、

さらに、「不燃板(ケイカル板:珪酸カルシウム板:消石灰、珪藻土など、

水を混ぜて練り合わたもの)」を敷き、ビスで固定します。

 

そして、「防水下地」を施工した後、

下地とこれからその上に造る防水層のなじみを良くさせるため、

下塗りとして「プライマー」という液状の材料を塗布します。

 

その後、「ガラスマット(ガラス繊維をフェルト状に加工したもの)」を

敷き詰め、「防水ポリエステル樹脂」を含浸させていきます。

 

再度、丁寧に防水ポリエステル樹脂を塗布した後、

仕上げとして「高反射率トップコート」を塗布すれば、

工事完了です

 

大切な建物の寿命に関わる防水工事

ホームラボのベランダ防水工事には、

安心の10年保証がついています

 

長期に渡り、建物を雨水などから守り、

快適な暮らしをサポートします!!

CATEGORY

CONTACT資料請求・お問い合わせ