LabLOG ラボログ

ここちいい家建築中☆3

2020/03/19 ホームラボここちいい家

こんにちは。

前回に引き続き、一宮市の現場レポートになります。


今回は上棟工事の様子をお伝えします。


前回工事していた土台に柱を建てていきます。



職人さんの手にかかればあっという間に1階部分の柱が建ちました。



レッカー車を使って梁を乗せていきます。


 


2つの部材を接合する際に、部材の小口に作る凸型の突起を「ほぞ」と言います。

こちらの写真は「ほぞ」を受ける側の部材に作られる凹型の穴「ほぞ穴」というものです。



昔は現場で職人さんが、図面をもとに柱や梁に墨付けをし、

木材の仕口や継手を手刻みで行っていましたが、

現在では事前に工場で加工され、現場まで運ばれてきます。


足の幅くらいしかない梁の上で作業している職人さんのバランス感覚に驚きです


 


2階部分の床を貼って、柱を建てます。


 


2階部分の完成です。



屋根まで施工してブルーシートで養生して上棟工事は終了になります。


 


現場ではプレカットされた材料を職人さんが組むので

昔は数日かかっていた上棟が、1日で完了するようになりました。


気になる続きは、また後日レポートさせて頂きます。


お楽しみに

CATEGORY

CONTACT資料請求・お問い合わせ